お宮参りの服装に最適なのは?ママは何を着れば良い?

お宮参りの服装に最適なのは?ママは何を着れば良い?

赤ちゃんが生まれてから生後30日くらいでお宮参りを行います。

しかし、赤ちゃんを連れて、その上ママにとって、産後の身体でお参りをするのは

決して楽なものではありませんよね。

神聖なものであるお宮参りを前に、着ていく服装に悩むママは多いと思います。

そこで今回は「お宮参りに着ていく服装」についてママ視点で紹介したいと思います。

結論から言うと、フォーマルなものであれば、和装でも洋装でもOKです♪

お宮参りの服装:ママはどうしたらいい?

では、お宮参りでママはどのような服装がいいのでしょうか?

それは「フォーマルな服装」です。

最近ではお宮参りでちゃんとご祈祷を受ける方と

ご祈祷はナシで、初詣のような「賽銭投げて手を打ってお祈りする」方に

分かれているようですね。

ご祈祷を受けない場合だと、もう少しラフな服装でもいいのかなと思いますが、

ここでは「ご祈祷を受ける」前提として紹介していきます。

 

昔ながらの和装スタイル

ずばり、「着物」ですね。

着物にも色々な種類がありますが、かつては一番格式高い黒留袖を着ることとされていました。

しかし、最近では色留袖や訪問着も着るようになっているので

必ずしも黒留袖でなければいけない、ということはなくなりました。

そして着物の色は、淡いピンクや薄い水色などのひかえめな色を選びましょう。

また、柄については無地や目立つ柄でないものを選びましょう。

これらは、お宮参りの主役がママではなく「赤ちゃん」なので、

赤ちゃんを引き立てるためにも、派手な色や柄は避けましょう。

私も息子のお宮参りには着物を着ていきました。

選んだ理由としては漠然としていて、

「お宮参り=着物=風情があって素敵!」というものでした。

私が着た着物は実母が持っていた色留袖で、

薄ピンクというか薄紫色の生地に足元に和柄があるものです。

着付けやヘアスタイルは、服飾の学校に通っていた実妹にお願いして

自宅で1時間半ほどでやってもらいました。

最近ではレンタルで借りることができ、着付けもしてもらえるので、

自分や身近の人が着物の知識や着方が分からなくても

気軽に着物を着ることが出来ます。

しかし、着物を着て意気揚々と向かったお宮参り先で、様々なトラブルに見舞われたのです。

 

お宮参りの服装:ママの着物のデメリット

ここからは私の体験に基づきます。

私は当時、基本母乳、時々ミルクの混合で息子を育てており、

当日もミルクを持ってお参りに行きました。

しかし、ミルクを与えることは出来ても

「一度着た着物を脱いで母乳を与える」というのは

着物を着慣れている人でも難しいことです。

お宮参りには、着物を着せてくれた実妹にも着いてきてもらったのですが

着物を脱いで授乳して、また着るのがとても時間がかかるため

せいぜい着崩れた着物を直してもらうことしか出来ませんでした。

着物を着る前にたっぷり母乳を飲ませていたにも関わらず、

数時間経つとおっぱいがパンパンになり

着物の帯の締め付けでさらに痛みが増してきました。

特に私は母乳がよく出たのでおっぱいが張るのが早く、

正直「早く脱いで、母乳を出したい」で頭がいっぱいでしたね。

帰りの車で着ていた着物を脱いで、パンパンに張ったおっぱいをなんとか搾乳機でしぼっていました。

また、母乳パッドをつけていても母乳パッドのキャパを超えて

着物に母乳が染み出していたので、着物を脱いだ時にはシミだらけになっていました。

タオルを胸のところに当てる、ということをすればよかったと反省したぐらいです。

そのため、おっぱいが張りやすい母乳量が多いママが着物を着る時には

気を付けないといけないですね。

着物を着る際の注意点
  • お宮参りの神社が近くにあって、着物を着る時間を短くする
  • 着物を着る前に母乳を出しておく
  • お宮参り後など着物を着なくても良くなったら着替えを持っていく

また、上にきょうだいがいる場合には、着物を着た状態だと「動きにくい」です。

もし上の子供が小さい場合には、その子の面倒をパパや付き添いの家族に丸投げしましょう。

着物を着たまま追いかけたりすると、すぐ着崩れてしまうのでなるべく周りに任せましょう。

 

お宮参りの服装:ママの着物のメリット

色々苦労があった着物ですが、もちろんいいこともあります。

まず、神社の参道を歩いている時に

すれ違う何人かの人に声をかけてもらうことが多かったです。

「お宮参り?赤ちゃんかわいいねー」はもちろん

「お母さん、着物姿素敵だねー、祝い着(赤ちゃんの上にかける着物)とよく似合っているね」と

言っていただけたことがすごく心に残っています。

ほかの参拝される方とは違う服装をしているので、注目が集まりやすいですね。

また、私自身着物を着たことで、気持ち的にも「キリッ」と引き締まり、

ちゃんとした気持ちでご祈祷を受けることが出来ました。

お宮参りの写真を見返しても普段着ない着物姿だったこともあり、

お宮参りという神聖な行事と相まって、特別な写真になっていました。

なかなか着物を着る機会がないので、

大変なことは多かったですが、着てよかったなと思いました。

 

洋装:ワンピースやスーツ

お宮参りの服装 ママ ワンピース

最近ではお宮参りにワンピースを着ていく方も増えてきました。

産後一か月経ったとはいえ、体調は万全ではない方も多く、

こうした負担を考えてスーツやワンピースなどの洋服でお参りすることもOKとされています。

とはいえ、やはり神聖なお宮参りであることと、

「赤ちゃんが主役」なので、

洋服を選ぶ際には落ち着いた黒や紺などの色が望ましいでしょう。

また、授乳が出来る、穴の開いた授乳服にも

フォーマルなタイプのものが販売されているので、

もし授乳中なのであれば、そちらを活用されることをおススメします。

アクセサリーは華美なものを付けず、

シンプルなネックレスや指輪などにとどめておきましょう。

神社は足元が悪いことが多いので

ヒールの低いパンプスやぺたんこ靴がおススメです。

 

お宮参りの服装:ママのカバンはどうする?

お宮参りの服装:ママのカバンはどうする?

和装にしても洋装にしても、赤ちゃんの物を入れておくカバンは

必ず持っていかなければいけませんね。

「じゃあカバンもフォーマルなものにしないといけないの?」

と思われる方もいると思います。

たしかに手に持つカバンも、服装に合わせるのがいいという考え方もあるかもしれません。

気になる場合は、黒や茶などの控えめな色を使用した方がいいと思います。

私の場合は、当時使っていたカバンが

ショッキングピンク色のリュックだったのですが、それを使いました。

「和装にショッキングピンク!?」と

思われた方もいるかもしれませんが、

一緒に持参したベビーカーも屋根が赤色だったので、

私個人の見解として、「そこまで考えなくてもいいかな…」です。

外出するときの赤ちゃんの荷物って本当に多いですよね。

オムツだけでなく、おしりふきや着替え、タオルやミルク一式…。

本当に「多いし、かさばるし、重たい」ものなので、

色云々、「持ち運びやすいカバン」で行けばいいと思います。

私もショッキングピンクリュックを持って行ったのも、「使い慣れたもの」だからです。

また、神社によってはご祈祷の時に荷物を預けるところもあるので

服装以上に持参した荷物を他人に見られる、ということはないです。

なので、カバンはそこまで気にしなくてもいいかな、というのが私の意見です。

お宮参りとは?

お宮参りに来ていく服装は?

はじめてお宮参りをするママ向けに、お宮参りとは何かについて触れたいと思います。

お宮参りとはその土地の氏神様に、新しい「氏子」として祝福を受ける

そしてかつて「穢れたもの」とされたお産の忌明けの儀式ともいわれています。

しかし現代では、赤ちゃんが無事に誕生したことへの感謝や、

赤ちゃんの健やかな成長をお祈りする儀式として行われているものです。

そのため、一般的には地域の氏神様のいる神社、

例えばパパママの地元や、住んでいる地域にいる氏神様の元で行うこととされていますが

最近では自分たちが好きな神社でお参りを行うケースが増えてきました。

私自身も、息子のお宮参りは、夫の地元の神社でもなく、

私の実家近くの神社でもなく、かつて安産祈願に訪れた県内にある、とある神社にて行いました。

私は安産祈願のお礼もかねていたので、同じ神社を選びました。

また、パパママの地元が遠方で赤ちゃんを連れてお宮参りをする、というのは

移動だけでも大変なことです。

そのため、近くの神社でお宮参りをする、というケースも増えてきたようですね。

お宮参りで何をするの?

お宮参りには地域の風習などによって様々ありますが、

簡単に言うと「ご祈祷」をうけます。

イメージとしては、祭殿の前で神社の神職さんに祝詞を奏上してもらうもので、

ご祈祷中は神職さんに合わせてお祈りをして、じっと座って祝詞を聞く、といった感じです。

ご祈祷の規模にもよりますが、だいたい15分から30分ぐらいで済みます。

そのため、始まる前に授乳やおむつを替えておき、

ご祈祷中に赤ちゃんが泣くなどのトラブルに備えましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

初めてのお宮参りに何を着ていこうかな、と思ったママ達に

少しは参考になったかな、と思います。

私自身がお宮参りを着物で参加したので、着物のところをアツく語ってしまいましたが、

決して「着物がいい」というわけでも「洋服がいい」という明確なものはありません。

あくまでお宮参りの主役は「赤ちゃん」ですが、その赤ちゃんを引き立てるのは

一緒に参加するママやパパ、親族です。

そのためにも周りはなるべく控えめな色の服装を、

そしてカジュアルでなく「フォーマルなスタイル」で参加してください。

そして、持ち物を入れるカバンは色や大きさではなく、

「使いやすい、使い慣れた」ものを使ってください。

この記事を見たママが、楽しく、思い出に残るお宮参りになりますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です