赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす方法は?

赤ちゃんのお風呂をワンオペできる?

「赤ちゃんとお風呂に入る」と聞くと一緒に湯船に浸かって身体を洗って…ということですが、

ここでの「赤ちゃんとお風呂に入る」は

「浴槽にお湯を溜める」から「赤ちゃんに服を着せる」までの

一連の流れを「一人で行う」ということを指します。

やったことがない人でも出来る

初めての「赤ちゃんとマンツーマンお風呂」の方法をお伝えします。

今回は沐浴を卒業して間もない生後1か月から

寝返りをし始める3か月頃までを想定して紹介します。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペできる?

赤ちゃんのお風呂をワンオペできる?

このご時世、多様な家庭環境がある中で、

赤ちゃんがお風呂に入る時間に協力してくれる家族がいる方がいたり、

色々な事情から一人でお風呂の用意からしないといけない方がいたり、と

赤ちゃんとのお風呂の入り方は様々かと思います。

「お風呂を入れるのは誰かがいないとダメ!」とか

「お風呂を用意してから赤ちゃんに服を着せるまで一人でやるべき!」とか

そういったルールや決めつけはありません。

協力してくれる家族がいるのであれば、余裕をもって赤ちゃんをお風呂に入れることができ、

同時にママやパパ、家族もゆっくりお風呂に入ることが出来ますよね。

しかし、普段赤ちゃんとのお風呂で協力してくれる家族がいたとしても、

例えばその家族が体調を崩してしまった、仕事の都合でお風呂に入れる時間に間に合わない、と

何らかの理由でお風呂の時間に参加できない状況になったとき、

あなたは一人で赤ちゃんと一緒にお風呂に入れますか?

ただでさえ生後間もない赤ちゃんとの育児、目を離すこと時間すら与えてくれないこともある中で

どうやってお風呂に入れたらいいのか、そもそもどうやってお風呂の準備するのかさえ分からないですよね。

私の夫は仕事柄帰宅時間が遅いため、息子が沐浴を卒業して

初めて大きなお風呂で一緒に入るとなった日も、必然的にワンオペで入れざるを得ない状態でした。

つまり、「浴槽を洗ってお湯を溜める」から

「息子に保湿クリームを塗って服を着せる」までの

この一連の流れを一人で行っていた、ということです。

今でこそ手慣れたものになりましたが、最初のうちは何から手をつけていいのか、

インターネットで情報を収集したにも関わらず、

結局「一人でお風呂に入れるのは難しい!」と感じたものです。

まだワンオペで入ったことないあなたも、いざ一人でやるとなると不安ですよね?

しかしちゃんと準備をしていれば、決して難しいものではありません。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペするには、バスチェアがおススメ

赤ちゃんのお風呂をワンオペするには、バスチェアがおススメ

ではワンオペお風呂に何が必要なのか。

私は「バスチェア」を用意することをおススメします。

字のごとく、「お風呂で使う椅子」なのですが、

赤ちゃんを寝かせておく、もしくは座らせておく

プラスティックや浮き輪のようなビニール素材のもので

ベビー用品を売っているお店やネットで2,3千円売っています。

また、使う期間が意外と短いということもあって

リサイクルショップにもきれいな状態で安く売っているので、手に入りやすいものです。

私も息子のつかまり立ちが早く、座ってくれなくなったので半年とも使いませんでした。

しかし、自分が身体を洗っている間に寝かせたり、座らせたりできるので

持っていて損はないです。

この「バスチェア」はあとでも出てくるので要チェックですよ!

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす準備

赤ちゃんのお風呂をワンオペする準備

お風呂に入る前に、まず脱衣所とお風呂を温めます。

脱衣所向けの小さな暖房器具があるといいですが、

なければお風呂を沸かしている時にお風呂のドアを開けておくと

暖かい空気が脱衣所に流れて、加えて湿度も高くなるので、服を脱いでも寒さを感じにくくなるでしょう。

洗い場が冷えやすい場合はバスマットを敷くといいですよ。

閉め切っていても足の方から冷えていくので、

バスマットを敷くことによって、少しでも冷えを防ぐことが出来ます。

湯船にお湯を張る際は、お風呂の室温にもよりますが、だいたい38~40度くらいに調整しましょう。

最初のうちは「大人の半身浴くらいの量」をおススメします。

なぜこの量かというと、これは赤ちゃんと一緒に湯船に浸かる時の

「一番浸かりやすい体制」に合わせているからです。

「一番浸かりやすい体制」とは、大人が赤ちゃんを自分の足の上に向かい合わせで

座らせる姿勢で、赤ちゃんの後頭部に自分の両膝がきて、赤ちゃんの股の部分が

自分の下腹部にくるような座り方です。

この姿勢で大人が湯船で両膝を曲げて座ったときに、

両膝がお湯から数センチ出ているところ、つまり赤ちゃんの胸のあたりに

お湯がきている状態が最適なので、それくらいの量のお湯を張ります。

慣れてくればお湯の量を増やしてもOKです。

赤ちゃんのお風呂をワンオペする準備

そしてお湯を張っている間に

赤ちゃんがお風呂から上がったときに着せる服を用意しておきます。

これはどこで着せるかにもよりますが、脱衣所で服を着せるなら脱衣所に、

それ以外の場所で着せるならその場所に用意しておきましょう。

着替えを行う場所も、湯冷めを防ぐためにあたためておいてください。

着替えの服ですが、まだ生後間もない子なら広げた状態のコンビ肌着、

その上に重ねる状態で短肌着を、袖が一気に通る状態でのせます。

こうすると赤ちゃんを肌着の上にのせたとき

一気に二つの肌着を着せることが出来るので、着替えが楽に済みます。

そして、近くにオムツと保湿クリーム、

月齢によっては麦茶や白湯、ミルクがすぐ飲めるよう準備しておくといいですね。

特にミルクは冷ますのに時間がかかると思うので、

お風呂に入る前に粉ミルクをお湯で溶かしておいて、

入っている途中で冷ましておくという状態にすると、出たときに程よい温度になっています。

そして忘れてはいけないのが

「一緒に入る人の着替え」です。

私の経験でもよくあったのですが、早く子供をお風呂に入れたい気持ちが先走り、

自分の着替えが寝室のタンスに入ったまま、なんてことがよくありました。

お風呂から出て慌てて取りに行くと寒いので気を付けましょう。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす:先に自分が身体を洗う

赤ちゃんのお風呂をワンオペ 先に自分を洗う

お風呂の洗い場が狭く、ベビーチェアが置けない場合や、

とりあえず自分の身体は一人の空間で洗いたいと思う場合は、

赤ちゃんと同時に服を脱ぐのではなく、赤ちゃんにバウンサーや

座布団などのマットの上で寝かせておいて、先に自分だけ服を脱いで身体を洗いましょう。

この時、お湯が外に出ないようにと、お風呂のドアを完全に閉めると思いますが、

赤ちゃんによっては不安になって泣いてしまうこともあるので、

時々様子をうかがいながら、ドアをほんの少し開けておくことも必要です。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす:一緒にお風呂に入ろう

赤ちゃんのお風呂をワンオペ 一緒に入る

赤ちゃんと一緒に湯舟に入る場合、洗い場でまずかけ湯をしてください。

いきなり湯船につかると赤ちゃんがびっくりしてしまうので、

ちゃんと桶などをつかってお湯に慣れさせましょう。

この時、今までやっていた「沐浴」と同じように

ガーゼなどを赤ちゃんのお腹にのせておくと、赤ちゃんも安心できるそうです。

足の方から何回かに分けてゆっくりお湯をかけてください。

この時、シャワーを使う方法もありますが、シャワーを使う際は弱めの水圧で優しくかけてくださいね。

そして、湯船にそっと入って

お湯が赤ちゃんの胸ぐらいになるように加減して浸かりましょう。

これでまずはひと段落ですね。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす:赤ちゃんの洗い方

赤ちゃんのお風呂をワンオペ 洗い方

※まだ自分の身体を洗っていない人はこの後説明します!

先に赤ちゃんの身体を洗いましょう。

湯船から出て、湯船でしていた姿勢のように

自分が椅子に座ってその上に赤ちゃんを寝かせてください。

洗う順番はどちらでもいいですが、頭から説明します。

赤ちゃんの頭をお湯、もしくはお湯で濡らしたガーゼで頭を洗います。

シャワーを使う場合は弱い水圧でなるべく

シャワーヘッドを赤ちゃんの頭に近い状態にすると

優しくお湯が当たる感じになり、赤ちゃんも安心します。

赤ちゃんの頭がぐらぐらしないように、ゆっくりシャンプーで洗い、流します。

身体は首元や腕などのしわにたまった汚れに気を付けながら、

ゆっくりなでるようにボディーソープで洗います。

背中やおしりは赤ちゃんの身体をゆっくり起こして洗うか、

そのままうつぶせにして、赤ちゃんを支える腕を赤ちゃんのわきに抱えるよう持ちかえ、洗います。

そしてゆっくりお湯で流して終了です。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす:自分の身体の洗い方

この段階でまだ自分の身体を洗っていない場合です。

これもやり方は色々あるので、それぞれ紹介します。

赤ちゃんを洗い場、脱衣所に寝かせて洗う

最初の【準備】の部分で紹介した「バスチェア」が効果を発揮する場です。

洗い場が広いのであれば、バスチェアをそこに置いて

その上に赤ちゃんを寝かせ、シャワーなどが赤ちゃんにかからないように気を付けながら、

その間に自分の身体を洗います。

この状態だと赤ちゃんの様子を見ながら、自分の身体を洗うことが出来て安心ですね。

時折赤ちゃんにもお湯をかけてあげることで、赤ちゃんの身体が冷えることを防ぎます。

 

赤ちゃんを湯船に浮かべたまま洗う

 

最近ではお風呂で使う浮き輪が販売されるようになりました。

特に、赤ちゃんの首につける浮き輪具がよく使われるようで、外国由来の比較的新しいものです。

こちらを使うことによって湯船に入れたまま

大人が身体を洗うことが出来ると注目を集めていますね。

普通の浮き輪と異なり、転覆事故のリスクが少ないとされていますが、

浮き輪が首についていることによる首への負担と、気づかぬうちに

首についている留め具が何らかの原因で外れて、赤ちゃんがお風呂に沈んでしまった、という

事故が報告されたケースも少なくありません。

私自身こちらを使った経験はないので、はっきりとその良し悪しについてはお答え出来ませんが、

こちらの浮き輪具については説明書をよく読んで、赤ちゃんから目を離さない状態で

利用していただけたらと思います。

 

赤ちゃんを抱いたまま洗う

これは少し難易度が高いです。

言い換えると、丁寧に自分を洗えないです。

私の経験ですが、ベビーチェアを導入する前は、このやり方で身体を洗っていました。

赤ちゃんの身体を洗いながら、その流れで自分用のボディーソープをつけて、

自分の身体を洗って赤ちゃんと一緒にお湯で流す、というスタイルです。

頭は片手で赤ちゃんを抑えていたので、もう片方の手でシャンプーをつけて洗って

頭を後ろに倒して、顔をめいっぱい上に向いて

赤ちゃんにシャワーがかからないように頭にかけていました。

これで洗えていたかと言われると、間違いなく「洗えていない」です。

すすぎ残しがもちろんありました。

これは実体験からコツが必要です。

二人とも身体が洗えたらもう一度湯船に浸かって、

だいたい2~3分程度、身体があったまったら終了です。

 

赤ちゃんのお風呂をワンオペでこなす:入浴後のケア

赤ちゃんのお風呂をワンオペ 入浴後

そしてお風呂から出たら赤ちゃんの身体をタオルで包んで

バウンサーや座布団などの上に寝かせて待機させましょう。

その間に自分の身体を拭いて着替えてから赤ちゃんの着替えをしましょう。

この順序はどちらでも構いませんが、あまり急いで赤ちゃんに服を着せると

お風呂から出たばかりで熱がこもってぐずることもあるので、

湯冷めしない程度の時間の間隔が必要かと思います。

赤ちゃんの身体を拭いて、保湿クリームを塗って赤ちゃんに服を着せて、湯冷ましを飲ませて

これでワンオペのお風呂は終了です!

お疲れさまでした!

 

まとめ

ベビーバスなどを使った「沐浴」というのは

産院などで教えてもらうことが多いものの

「赤ちゃんと二人でお風呂に入る方法」

教えてもらえなかった、という方が多いと思います。

私もお風呂の入り方は産院で教えてもらえず、

実家の両親に聞いても

「やったことがない」と言われたので、

育児の雑誌や、インターネットの先輩ママの体験談を参考に、

自分なりに工夫しながら、子供と二人でお風呂に入っていました。

最初は大変でしたが、慣れてくると楽しいもので、

今となっては心地のいい時間だったと感じております。

そこで得られた情報と私の体験談を元に今回この記事を書かせていただきました。

普段誰かが協力してくれていても、突然「一人でお風呂に入れる」となると

どうしていいか分からないですよね。

また、家庭の事情で必然的に、一人でお風呂に入れないといけないと分かっていても、

不安でいっぱいになりますよね。

でも、準備さえしていれば難しいことではありません。

そして気づけば二人きりのお風呂の時間が、きっと楽しいものへと変わっていきます。

お風呂の時間がもっとより良いひとときになりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です